メニュー閉じる

とちりようず【土地利用図】

土地利用(りようのようすを表現(ひょうげんした地図。田・畑・牧草(ぼくそう地・森林・集落などを区別(くべつする。地形との関連(かんれんや都市の発達(はったつ,あるいは交通(もうとのかかわりなどを考える材料(ざいりょうとして使われる。国土地理院から5万分の1および2万5000分の1の土地利用(りよう図が発行されている。

コーチ

 土地利用(りよう状態(じょうたい(しめす地図記号をたどって着色すると,自分で土地利用(りよう図をつくることができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP