メニュー閉じる

とっぷう【突風】

急にふく強い風。寒冷(かんれい前線や雷雨(らいうにともなうことが多く,寒冷(かんれい前線の移動(いどうが速いとき,地面の摩擦(まさつでおそくなった下層(かそうより上層(じょうそうの寒気が速く進み,地面にたたきつけるようにふきおりて,突風(とっぷうとなる。

コーチ

 寒冷(かんれい前線の前面に南風の突風(とっぷうを生ずることもあり,漁船(ぎょせんなどの遭難(そうなんの大きな原因(げんいんの1つになっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP