メニュー閉じる

とつめんきょう【凸面鏡】

球面の外(がわで光を反射(はんしゃさせる(かがみをいう。凸面(とつめんによる(ぞうはすべて実物より小さい正立の虚像(きょぞうである。平面(きょうにくらべて広い範囲(はんいがうつるので自動車のバックミラーなどに使われる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP