メニュー閉じる

**とつレンズ【凸レンズ】

レンズの中央がふちよりも(あついレンズ。レンズの断面(だんめんの形から両(とつレンズ・平(とつレンズ・凹凸(おうとつレンズの3種類(しゅるいに分けられる。(とつレンズによる(ぞうは物体のレンズからの距離(きょりによって実像(じつぞうになったり虚像(きょぞうになったりする。(とつレンズは光を集めたり,物体の実像(じつぞうをつくったり(カメラ・投影機(とうえいきなど),また虚像(きょぞうをつくったり(虫めがねなど)するのに利用(りようする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP