メニュー閉じる

となみへいや【砺波平野】

富山(とやま県北西部,主として(しょう川下流ぞいに発達(はったつしている平野。昔から米どころとして知られ,裏作(うらさくとして始められたチューリップ球根の栽培(さいばい地である。「垣入(かいにゅ」といわれる屋敷(やしき森にかこまれた農家が100〜200mおきに散在(さんざいし,散村(さんそん集落でも有名。散村(さんそん

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP