メニュー閉じる

とばそうじょう【鳥羽僧正】

(1053〜1140)平安時代の天台宗(てんだいしゅう(そう。名は覚猷(かくゆう晩年(ばんねん京都郊外(きょうとこうがいにあった鳥羽離宮(とばりきゅうに住んだので,(ぞく鳥羽僧正(とばそうじょうといわれた。絵画にたくみで,仏画(ぶつが戯画(ぎがの名手であったとつたえられる。「鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが」の作者とされるが確証(かくしょうはない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP