メニュー閉じる

*とば・ふしみのたたかい【鳥羽・伏見の戦い】

1868(慶応(けいおう4)年1月3日,京都南郊(きょうとなんこう鳥羽(とば伏見(ふしみで行われた新政府軍(せいふぐん旧幕府軍(きゅうばくふぐんとの(たたかい。大政奉還(たいせいほうかん後の小御所会議(こごしょかいぎにより徳川慶喜(とくがわよしのぶ内大臣(ないだいじん辞退(じたい領地返納(りょうちへんのうがきまると,旧幕府(きゅうばくふ方の不満(ふまんが強く,鳥羽(とば伏見(ふしみ薩長(さっちょう方と交戦(こうせん。わずか1日で幕軍(ばくぐん敗北(はいぼくとなったが,戊辰戦争(ぼしんせんそう発端(ほったんとなった。

コーチ

 鳥羽(とば伏見(ふしみ(たたかいにやぶれ,大阪滞在(おおさかたいざい中の慶喜(よしのぶは海路江戸(えどににげ帰ったが,新政府(せいふはさらに慶喜追討令(よしのぶついとうれいを出し,旧幕府勢力(きゅうばくふせいりょく一掃(いっそうをはかった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP