メニュー閉じる

トポロジー

位置(いちを,連続性(れんぞくせいのなかでとらえる幾何学(きかがくの1分野(ぶんやで,位相幾何学(いそうきかがくのこと。たとえば,とってのついたコーヒーカップを連続的(れんぞくてき変形(へんけいさせていくと,(あなのあいたドーナツと(おな(かたちになる。このもとの2つの図形(ずけい区別(くべつせず(おな(かたちのものだとするのがトポロジーの(かんが(かたである。18世紀(せいきのスイスの数学者(すうがくしゃオイラーと,それにつづくドイツの数学者(すうがくしゃガウスによってはじめられた次元(じげん空間(くうかんをあつかう幾何学(きかがくで,数学上(すうがくじょう最高(さいこう難問(なんもんの1つとされた「ポアンカレ予想(よそう」(2006(ねん証明確認(しょうめいかくにん)もトポロジーの分野(ぶんや問題(もんだいである。幾何学(きかがくオイラー

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP