メニュー閉じる

*とみおかせいしじょう【富岡製糸場】

1872(明治(めいじ5)年,群馬(ぐんま富岡(とみおかにもうけられた代表的官営模範(だいひょうてきかんえいもはん工場。殖産興業(しょくさんこうぎょう政策(せいさくでたてられた製糸(せいし工場。フランス(せい機械(きかい輸入(ゆにゅうし,フランス人技師(ぎしをやとって女子工員を養成(ようせいし,製糸(せいし工業の普及(ふきゅうにつとめた。◇1893(明治(めいじ26)年,三井(みついにはらい下げられた。◇日本の近代化の象徴(しょうちょうとしての価値(かちも高く,2014(平成(へいせい26)年6月,ユネスコの世界文化遺産(いさんに「富岡製糸場(とみおかせいしじょう絹産業遺産群(きぬさんぎょういさんぐん」として登録(とうろくされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP