メニュー閉じる

ないこきゅう【内呼吸】

組織(そしきにおけるガス交換(こうかんのこと。組織呼吸(そしきこきゅう細胞呼吸(さいぼうこきゅうともいう。(はいの外呼吸(こきゅうによって体内にとりこまれた酸素(さんそ血液(けつえきによって組織(そしきまで運ばれ,組織(そしき細胞(さいぼうにあたえられる。また,組織(そしきで発生した二酸化炭素(にさんかたんそは,血液(けつえきの中に入り(はいまで運ばれる。このように全身の組織(そしきでは細胞(さいぼう血液(けつえきの間で組織液(そしきえきを通してガス交換(こうかんが行われている。この作用は組織細胞(そしきさいぼう血液(けつえきとの間の酸素(さんそ二酸化炭素(にさんかたんそ濃度差(のうどさ(ガス分圧(ぶんあつ()によっておこる。また,内呼吸(こきゅうという言葉は呼吸基質(こきゅうきしつ分解(ぶんかいして,エネルギーをひきだす(はたらき,つまり呼吸(こきゅう本質(ほんしつそのものをさす場合に用いられることがある。

外呼吸(がいこきゅう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP