メニュー閉じる

*ないせいふかんしょうのげんそく【内政不干渉の原則】

一国の国内政治(せいじ経済(けいざい,社会の体制(たいせいは,その国の国民(こくみんが自らの自由意思で決めるべきものであって,外国が干渉(かんしょうしてはならないというもの。多くの戦争(せんそうやいさかいは,この内政干渉(ないせいかんしょうから起こってきたので,そのような悲劇(ひげきをくりかえさないために,国連憲章(こくれんけんしょう第2(じょう7(こうにうたわれている。しかし,最近(さいきんのように国際関係(こくさいかんけい緊密(きんみつ化してくると,国内問題も条約(じょうやくなどで国際的(こくさいてき規制(きせいすることが多くなり,内政(ないせい範囲(はんいがせばめられてきている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP