メニュー閉じる

なわやすし【名和靖】

(1857〜1926)明治(めいじ大正(たいしょう時代の昆虫(こんちゅう学者。美濃(みの国(岐阜(ぎふ県)で生まれた。昆虫(こんちゅう学をこころざし,一時教職(きょうしょくにつきながら研究をつづけたが,この研究が(たん個人(こじん趣味(しゅみだけではなく,社会的(しゃかいてきにきわめて大切な事業であると感じて,1896(明治(めいじ29)年,岐阜(ぎふ(きょう町に昆虫(こんちゅう研究所を創立(そうりつ,1911(明治(めいじ44)年に,岐阜(ぎふ公園に移転(いてんした。その後,記念昆虫(きねんこんちゅう館,昆虫博物(こんちゅうはくぶつ館を設立(せつりつし,昆虫(こんちゅう学の普及(ふきゅうにもつとめた。名和靖(なわやすしは,ギフチョウの発見者として有名で,シロアリ防除(ぼうじょの研究にも多くの功績(こうせきをあげた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP