メニュー閉じる

なんかいじしん【南海地震】

1946(昭和21)年12月21日,紀伊(きい半島から四国の南方海域(かいいきにおこった,マグニチュード8.0の巨大地震(きょだいじしん被害(ひがいは中部地方から九州におよび,津波(つなみ被害(ひがいが大きかった。死者1330人,家屋全壊(ぜんかい1万1000(流失(りゅうしつ浸水(しんすい3万5000(津波(つなみ高知(こうち三重(みえ徳島(とくしま沿岸(えんがんで4〜6m。津波(つなみはハワイ,カリフォルニアにも(たっした。室戸岬(むろとみさき紀伊(きい半島の南端(なんたん(やく1m隆起(りゅうきし,(ぎゃく高知付近(こうちふきんでは沈下(ちんかしたため,水田が海面下に(ぼっした。◇南海トラフぞいのプレート境界(きょうかいに100〜200年間隔(かんかくでおきる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP