メニュー閉じる

なんばんじ【南蛮寺】

16〜17世紀(せいきに日本でたてられたカトリックの教会(どう(天主(どう)の俗称(ぞくしょう切支丹寺(きりしたんじ伴天連寺(ばてれんじなどともいう。1552年,トルレスが山口(やまぐちにもうけた大道寺(だいどうじ最初(さいしょで,ビレラが京都(きょうとにつくったものが有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP