メニュー閉じる

*なんばんぼうえき【南蛮貿易】

16世紀(せいき半ばから17世紀初(せいきはじめの鎖国(さこくまで,ポルトガル・スペイン人が日本に来航(らいこうして行った貿易(ぼうえき。1543年にポルトガル人が種子島(たねがしま漂着(ひょうちゃくしてから以後(いご,ポルトガル船は平戸(ひらど長崎(ながさき府内(ふない大分(おおいた市)などに来航(らいこうして,中国(さん生糸(きいと絹織物(きぬおりものや南方(さん皮革(ひかく香料(こうりょう,本国からの鉄砲(てっぽう・火薬をもたらし,大量(たいりょうの銀をもち帰った。スペイン船は,1584年から1624年まで貿易(ぼうえきにくわわった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP