メニュー閉じる

*にいみなんきち【新美南吉】

(1913〜1943)昭和時代の童話作家。愛知(あいち県に生まれる。小学校の代用教員をしながら児童雑誌(じどうざっし『赤い鳥』に童話を投稿(とうこう,のち女学校の教壇(きょうだんに立ちながら創作(そうさくにはげんだが,病気のため30(さい(ぼっした。『ごんぎつね』『牛をつないだ椿(つばきの木』『おじいさんのランプ』などの作品があり,庶民(しょみんの子どもの(よろこびや悲しみをたくみに表現(ひょうげんし,さわやかな詩情(しじょうをたたえている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP