メニュー閉じる

ニジェール(共和国)

西アフリカの内陸(ないりく部にある国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都ニアメ。国土は平均(へいきん高度300mほどの高原で,中央部に山地がある。北部はサハラ砂漠(さばく(ぞくする乾燥(かんそう地。南部はサバナで,住民(じゅうみんの大部分が集中する。サヘル地域(ちいき位置(いちするため,降水量(こうすいりょうは全体に少ない。農業はニジェール川流域(りゅういきで米・綿花(めんか・ラッカセイなどを栽培(さいばいし,周辺(しゅうへん乾燥(かんそう地では牧畜(ぼくちくが行われる。鉱物資源(こうぶつしげんはウラン(こうが主で,(もっと重要(じゅうよう輸出(ゆしゅつ品。繊維(せんい・食品加工(かこうなどの工業は小規模(きぼ。1922年にフランス(りょう西アフリカの一部となり,1960年独立(どくりつ面積(めんせき:126.7万km2,人口:1551万。

国名の由来

ニジェール川に由来。ニジェールはラテン語で「黒い」の意味。

国旗(こっきの由来

オレンジは独立革命(どくりつかくめい,白は平和,緑は繁栄(はんえいを表し,円は太陽を(しめす。国旗(こっき全体で砂漠(さばくの緑地化して,国の発展(はってんをはかろうということを表す。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP