メニュー閉じる

にしきがわ【錦川】

山口(やまぐち周防(すおう山地に(みなもとを発し,東流して広島湾(ひろしまわんに注ぐ,県下第1の川。岩国(いわくに川ともよばれる。流域(りゅういきは早くから林業で知られ,水力発電もさかん。(にしき総合(そうごう開発の中心事業で,向道(こうどダム・菅野(すがのダムをつくり,周南(しゅうなん工業地域(ちいきの中心部に水と電力を供給(きょうきゅうする。◇下流にかかる錦帯橋(きんたいきょう(1953年に復元(ふくげん)は日本3名橋の1つ。長さ:110km。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP