メニュー閉じる

*にしまわりこうろ【西廻り航路】

江戸(えど時代,日本海をへて下関(しものせきを回り,瀬戸内海(せとないかいを通って大阪(おおさかにいたる奥羽(おうう北陸(ほくりく方面からの航路(こうろ加賀藩(かがはんによって開かれ,1672年に河村瑞賢(かわむらずいけん整備(せいび,これによって日本海沿岸各地(えんがんかくちの米や産物(さんぶつ大阪(おおさかに運ばれた。

コーチ

この航路(こうろ就航(しゅうこうした船を北前船(きたまえぶねという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP