メニュー閉じる

にじょうよしもと【二条良基】

(1320〜1388)南北朝(なんぼくちょう時代の公卿(くぎょう・歌人。北朝に仕えて,太政大臣(だいじょうだいじん摂政(せっしょう関白(かんぱくにまで進んだ。和歌を学んだが,とくに連歌(れんが(何人もの人が短歌の(かみ((しも(交互(こうごによみつづけるもの)にすぐれ,最初(さいしょ連歌(れんが集『菟玖波集(つくばしゅう』をまとめた。また連歌(れんが表現(ひょうげん形式をうちたて,連歌(れんが芸術的(げいじゅつてきに高めることにつくした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP