メニュー閉じる

*にせえ【似絵】

平安時代末期(まっきから鎌倉(かまくら時代にかけてさかんであった大和絵(やまとえによる肖像(しょうぞう画。当時の偉人(いじん宗派(しゅうは開祖(かいそをうやまう傾向(けいこうが,この絵をさかんにした。藤原隆信(ふじわらのたかのぶの作といわれる「源頼朝像(みなもとのよりともぞう」「平重盛像(たいらのしげもりぞう」(京都(きょうと神護寺蔵(じんごじぞう。いずれも国宝(こくほう)が有名である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP