メニュー閉じる

*にちべいけいざいまさつ【日米経済摩擦】

日米間の貿易収支(ぼうえきしゅうし不均衡(ふきんこうによって生まれた摩擦(まさつ。アメリカは,1971(昭和46)年に貿易(ぼうえき赤字になり,80年代に入ってその赤字が増大(ぞうだいし,日米の貿易摩擦(ぼうえきまさつ深刻(しんこくになった。摩擦(まさつのおもな原因(げんいんは,アメリカの過剰消費(かじょうしょうひと日本の内需不足(ないじゅぶそくにあった。アメリカは大幅(おおはばな対米黒字の日本に対して黒字削減(さくげんをもとめ,一方的(いっぽうてき不公正貿易(ふこうせいぼうえきを行っているとして大幅(おおはば関税(かんぜいをかけるなどした。さらに日本の市場の閉鎖性(へいさせいをうったえ,日本は市場経済(けいざいが通用しない国などと日本たたきをした。これに対して日本は,1985年のプラザ合意で円高・ドル安にし,輸出(ゆしゅつ(おさえ,市場開放をし,内需拡大(ないじゅかくだいなどの政策(せいさくを行い,対米黒字の削減(さくげん努力(どりょくしてきた。しかし,アメリカの貿易収支(ぼうえきしゅうしは赤字のままで,経済摩擦(けいざいまさつ解消(かいしょうしていない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP