メニュー閉じる

*にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく【日米修好通商条約】

幕末(ばくまつ,1858(安政(あんせい5)年6月,江戸幕府(えどばくふとアメリカ合衆国(がっしゅうこくとの間にむすばれた日本最初(さいしょの通商条約(じょうやく。日米和親条約(じょうやくで開国にふみきった幕府(ばくふが,アメリカ総領事(そうりょうじハリスとの間に調印(ちょういんしたもの。内容(ないようは,外交代表の交換(こうかん下田(しもだ箱館(はこだて(函館)のほか新たに神奈川(かながわ長崎(ながさき新潟(にいがた兵庫(ひょうごの開港,外国人居留(きょりゅう地の設定(せってい領事裁判権(りょうじさいばんけん承認(しょうにん関税(かんぜい自主(けん否定(ひていなど。その後,ひきつづきオランダ・ロシア・イギリス・フランスとの間にも,同じような通商条約(じょうやくがむすばれた。

コーチ

天皇(てんのうのゆるしを待たずに幕府(ばくふ調印(ちょういんしたため,この条約(じょうやくは「安政(あんせい仮条約(かりじょうやく」とよばれた。

年代暗記

日米修好(しゅうこう通商条約(じょうやく…人はこわ(1858)い,通商条約(じょうやく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP