メニュー閉じる

**にちろせんそう【日露戦争】

1904(明治(めいじ37)年2月から1905年9月まで,満州(まんしゅう(今の中国東北区)や朝鮮(ちょうせんをめぐっておこった日本とロシアとの戦争(せんそう

開戦(かいせんまでの背景(はいけい

日清戦争(にっしんせんそう後の三国干渉(かんしょう以来(いらい,日本とロシアの対立が深まり,義和団事件(ぎわだんじけん北清事変(ほくしんじへん,1900年)の後,ロシアが満州(まんしゅうから(へいを引きあげなかったため,ロシアへの不満(ふまんが高まった。ロシアの南下にそなえて,1902年に東アジアで利害(りがい一致(いっちするイギリスと日英同盟(にちえいどうめいをむすぶと,日本とロシアの対立は決定的(けっていてきとなり,戦争(せんそうに反対する意見(非戦論(ひせんろん)もあったが,ロシアとたたかえという声が高まった。

日露(にちろ開戦(かいせんから講和(こうわ

1904年,日露戦争(にちろせんそうが始まり,日本は苦戦(くせんしながらも陸軍(りくぐん奉天(フォンティエン(今の瀋陽(シェンヤン)の会戦(かいせん勝利(しょうりをおさめ,海軍(かいぐんは日本海海戦(かいせんでロシアのバルチック艦隊(かんたいをやぶった。しかし,日本は兵力(へいりょく物資(ぶっし財力(ざいりょく不足(ふそくし,ロシア国内では専制政治(せんせいせいじに反対する革命(かくめい運動がおこり,両国とも戦争継続(せんそうけいぞく困難(こんなんになった。1905年アメリカ大統領(だいとうりょうセオドア=ルーズベルトの仲介(ちゅうかいでアメリカ北東部のポーツマスで講和会議(こうわかいぎが開かれ,講和条約(こうわじょうやく(ポーツマス条約(じょうやく)がむすばれた。その結果(けっか,ロシアの南下はおさえられ,日本は朝鮮(ちょうせんに対する優越権(ゆうえつけん旅順(リュイシュン大連(ターリエンなど遼東(リヤオトン半島の半島南部の租借権(そしゃくけん東清(とうしん鉄道の一部をゆずりうけるとともに,樺太(からふと(サハリン)の南半分を手に入れた。しかし,賠償(ばいしょう金は(られず,この講和条約(こうわじょうやく不満(ふまん国民(こくみんは,日比谷焼(ひびややき打ち事件(じけんなどをおこした。

年代暗記

日露戦争(にちろせんそうの開始…行くわよ(1904)満州(まんしゅうへ,日露戦争(にちろせんそう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP