メニュー閉じる

にっきぶんがく【日記文学】

日記のなかで,文学的(ぶんがくてき価値(かちをもつもの。日本では,とくに平安時代から鎌倉(かまくら時代にかけて発達(はったつしたものをいい,おもなものに『土佐日記(とさにっき』『蜻蛉日記(かげろうにっき』『更級日記(さらしなにっき』『十六夜日記(いざよいにっき』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP