メニュー閉じる

*にっそうぼうえき【日宋貿易】

平安時代から鎌倉(かまくら時代にかけて,日本と(そう(中国)との間に行われた貿易(ぼうえき。12世紀(せいき後半,平清盛(たいらのきよもり貿易(ぼうえき利益(りえきに注目して,大輪田泊(おおわだのとまり(今の神戸(こうべ港)を修築(しゅうちくするなど積極的(せっきょくてき努力(どりょくをした。

コーチ

日本からは金・銀・硫黄(いおう刀剣(とうけんなどが輸出(ゆしゅつされ,(そうからは大量(たいりょう宋銭(そうせんのほか,書物・織物(おりもの香料(こうりょう・薬などが輸入(ゆにゅうされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP