メニュー閉じる

にったじろう【新田次郎】

(1912〜1980)昭和時代の小説(しょうせつ家。長野(ながの県に生まれる。満州(まんしゅう(今の中国東北区)中央気象台(きしょうだいなどをへて気象庁(きしょうちょう勤務(きんむ富士山頂(ふじさんちょうのレーダー建設(けんせつなどに力をつくした。1955(昭和30)年『強力伝(ごうりきでん』で第34回直木賞(なおきしょう受賞(じゅしょう以後(いご自然(しぜんと人間のたたかうすがたをテーマとした山岳小説(さんがくしょうせつに新境地(きょうちを開いた。おもな作品に『八甲田(はっこうだ(彷徨(ほうこう』『聖職(せいしょく(いしぶみ』『武田信玄(たけだしんげん』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP