メニュー閉じる

にったよしさだ【新田義貞】

(1301〜1338)鎌倉(かまくら時代末期(まっき南北朝(なんぼくちょう時代の武将(ぶしょう源氏(げんじの流れをくむ上野(こうずけ国(群馬(ぐんま県)の豪族(ごうぞくで,鎌倉幕府(かまくらばくふ御家人(ごけにん元弘(げんこう(へん後醍醐天皇(ごだいごてんのうによる討幕(とうばくのための挙兵(きょへい)では楠木正成(くすのきまさしげ千早城(ちはやじょう(めたが,のち天皇(てんのう方について鎌倉(かまくら(め,北条氏(ほうじょうしをほろぼした(1333年)。建武(けんむ新政(しんせいでは重用(ちょうようされたが,1335年足利尊氏(あしかがたかうじ朝廷(ちょうていにそむいてからは,朝廷(ちょうてい(南朝)方の中心として各地(かくちでたたかい,越前(えちぜん国(福井(ふくい県)で戦死(せんしした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP