メニュー閉じる

ぬひ【奴婢】

古代律令制(りつりょうせいのもとで,支配(しはい者から賤民(せんみんとされた人々のこと。(は男子を,(は女子をいう。奴隷(どれいに等しい人々で,人格(じんかくをみとめられず,売買やゆずりわたしの対象(たいしょうにされ,一般(いっぱん人との結婚(けっこん(きんじられていた。官有(かんゆう公奴婢(くぬひ私有(しゆう私奴婢(しぬひのほか,寺奴婢(ぬひ・神奴婢(ぬひなどがあり,大化(たいか改新(かいしん以前(いぜんから存在(そんざいしたが,平安時代には一般(いっぱん人との結婚(けっこんもゆるされ,しだいにすがたを消した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP