メニュー閉じる

ねおだにだんそう【根尾谷断層】

1891(明治(めいじ24)年岐阜(ぎふ愛知(あいち両県をおそったマグニチュード8.0の濃尾地震(のうびじしんで生じた地震断層(じしんだんそう福井(ふくい野尻(のじりから岐阜(ぎふ帷子(かたびらまで,北北西から南南東方向に長さ100km以上(いじょうにおよぶ断層(だんそうで,地盤(じばんのずれは上下方向(北東側隆起(がわりゅうき)に6〜7m,水平方向には最大(さいだい8mであった。この断層(だんそう現在(げんざいも活動している活断層(かつだんそうである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP