メニュー閉じる

ねぎしえいいち【根岸英一】

(1935〜 )有機化学者(ゆうきかがくしゃ(きゅう満州(まんしゅう中国東北部(ちゅうごくとうほくぶ(まれ。東京大学(とうきょうだいがく卒業後(そつぎょうご化学繊維(かがくせんいメーカーで(はたらいたのち,アメリカのパデュー大学(だいがくのブラウン教授(きょうじゅのもとで研究(けんきゅう(おこなう。1976〜77(ねん,R.ヘックが開発(かいはつした有機化合物(ゆうきかごうぶつ合成(ごうせいにパラジウムの触媒(しょくばい(もちいる「ヘック反応(はんのう」を有機化合物(ゆうきかごうぶつ炭素(たんそどうしを(むすびつける「クロスカップリング反応(はんのう」に応用(おうよう,「根岸(ねぎしカップリング」を開発(かいはつした。1979(ねんにパデュー大学教授(だいがくきょうじゅ就任(しゅうにん現在同大学特別教授(げんざいどうだいがくとくべつきょうじゅ。2010(ねん,R.ヘック,鈴木章(すずきあきらとともにノーベル化学(しょう受賞(じゅしょう。同年,文化勲章(くんしょうも受章。⇒有機化合物(ゆうきかごうぶつ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP