メニュー閉じる

ネキリムシ

ヤガ(のカブラヤガの幼虫(ようちゅう俗称(ぞくしょう。日中は土中にひそみ,夜間に出てきて作物の(なえなどの(くき食害(しょくがい,根ぎわから切断(せつだんするため,この名がある。そのほか,タマナヤガの幼虫(ようちゅうにも同様の習性(しゅうせいがあるが,このような習性(しゅうせいをもつヤガ(幼虫(ようちゅうを,一般(いっぱんにネキリムシとよぶ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP