メニュー閉じる

**のう【脳】

神経管(しんけいかん前端(ぜんたん発達(はったつしたもので,神経(しんけい作用の中心となる部分。脊髄(せきずいとともに中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい構成(こうせいする。(のう前脳(ぜんのう中脳(ちゅうのう・りょう(のうの3部分からなり,前脳(ぜんのうからは端脳(たんのう間脳(かんのうが,りょう(のうからは小脳(しょうのう延髄(えんずいとが分化する。これらの5つの部分のうち,端脳(たんのうは動物により発達(はったつに大きな(が生じ,魚(るいでは臭覚(しゅうかく関係(かんけいする臭脳(しゅうのうだけであるが,哺乳類(ほにゅうるいでは臭覚以外(しゅうかくいがい感覚(かんかくや高等な精神(せいしん作用に関係(かんけいする大脳(だいのうへと発達(はったつする。

コーチ

 (のうは,ヒトでは新生児(しんせいじ(やく400g,成人(せいじんで1200〜1400gで,外(がわ脳膜(のうまくにつつまれている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP