メニュー閉じる

*のうがく【能楽】

日本の古典芸能(こてんげいのうの1つ。平安時代から行われた猿楽(さるがく田楽(でんがくから発達(はったつした演劇(えんげきで,室町(むろまち時代に観阿弥(かんあみ世阿弥(ぜあみ父子が3代将軍(しょうぐん足利義満(あしかがよしみつ保護(ほごを受けて,気品の高い舞台芸術(ぶたいげいじゅつ完成(かんせいさせた。現在(げんざい観世(かんぜ宝生(ほうしょう金剛(こんごう喜多(きた金春(こんぱるの5流派(りゅうはがある。◇(のうとよばれたが,明治(めいじ時代以後(いご能楽(のうがくとよぶようになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP