メニュー閉じる

はいぞうジストマ【肺臓ジストマ】

東南アジアの温帯(おんたい熱帯(ねったい分布(ぶんぷする吸虫類(きゅうちゅうるい寄生(きせい虫(寄生(きせい動物)。別名肺吸虫(べつめいはいきゅうちゅう。体長5〜16mmで,体形はだ円(じょう。わが国でも暖地(だんちの山間部にみられる。ヒトや他の哺乳類(ほにゅうるい(はい寄生(きせいする。第1中間宿主(しゅくしゅはカワニナ,第2中間宿主はサワガニ・モクズガニなどで,このカニを生食すると感染(かんせんする。血たん・かっ血,慢性(まんせいのせきなど肺結核(はいけっかく(症状(しょうじょうをおこす。(扁形(へんけい動物 吸虫類(きゅうちゅうるい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP