メニュー閉じる

はいたにけんじろう【灰谷健次郎】

(1934〜2006)現代(げんだい児童(じどう文学者。神戸(こうべ市に生まれる。1974(昭和49)年,17年間にわたる教師(きょうし生活の体験(たいけんをもとに児童(じどうむけ長編小説(ちょうへんしょうせつ(うさぎの目』を発表,作家としての地位(ちいをかためた。1979年に山本有三(やまもとゆうぞう記念(きねん第1回『路傍(ろぼうの石』文学(しょう受賞(じゅしょう。代表作は『太陽の子』『プウ一等あげます』『ろくべえまってろよ』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP