メニュー閉じる

*はいにゅう【胚乳】

種子(しゅしの中にある貯蔵組織(ちょぞうそしき種子(しゅし発芽(はつがするときその養分(ようぶん供給(きょうきゅうするもの。被子(ひし植物の胚乳(はいにゅうは,重複受精(じゅうふくじゅせいのおりに2(極核(きょくかく精核(せいかくの一方とが合体したものを起源(きげんとするので3倍体(3n)である。裸子(らし植物の胚乳(はいにゅう受精(じゅせい前の組織(そしきからできる半数体(1n)で,まったく性質(せいしつがちがうが,胚乳(はいにゅうとしての(はたらきは同じである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP