メニュー閉じる

はいのう【胚のう】

種子(しゅし植物の胚珠(はいしゅの中にあって,卵細胞(らんさいぼうをふくむ組織(そしき胚珠(はいしゅ内で(はいのう母細胞(ぼさいぼう減数分裂(げんすうぶんれつして,4(娘細胞(むすめさいぼうとなり,3(退化(たいかして,のこりの1((はいのう細胞(さいぼうとなってさらに分裂(ぶんれつして(はいのうを形成(けいせいする。裸子(らし植物ではこれに造卵器(ぞうらんきがつく。◇雌性配偶(しせいはいぐう体にあたる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP