メニュー閉じる

パイプオルガン

パイプに送風していろいろな音を出す大じかけのオルガン。楽器(がっき中,最大(さいだい規模(きぼをもつ。西洋でオルガンといえば,ふつうこれをさす。風の力で笛を鳴らす構造(こうぞうで,起源(きげんは古くギリシャ神話にでてくる「パンの笛」に始まるといわれ,14〜15世紀(せいきごろには教会音楽に(かせない楽器(がっきとなった。19世紀以後飛躍的(せいきいごひやくてき発展(はってんをとげ,今日,電動式のパイプオルガンの送風装置(そうちやけん(ばんと発音部の連結(れんけつは,すべて電動式である。また,パイプの数も大オルガンでは1万本前後のものがあり,音域(おんいきも10オクターブ近くあって巨大(きょだい楽器(がっきとなっている。いろいろな楽器(がっきの音色を出すことができるほか,音量(おんりょう変化(へんかも自由にできる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP