メニュー閉じる

はかい【破戒】

島崎藤村(しまざきとうそん長編小説(ちょうへんしょうせつ。1906(明治(めいじ39)年(かん被差別(ひさべつ部落の問題を取材(しゅざいした社会小説(しょうせつで,わが国の自然主義(しぜんしゅぎ文学の出発点となった。被差別(ひさべつ部落出身の小学校の教師瀬川丑松(きょうしせがわうしまつは,社会の不合理(ふごうりをのろいながらも,身分をかくせという父親のいましめにしたがっている。しかし,先輩猪子蓮太郎(せんぱいいのこれんたろう犠牲的(ぎせいてきな死と父親の死に動かされて,それまでかくしていた出生の秘密(ひみつを公表し,町を出るまでをえがく。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP