メニュー閉じる

*はぎわらさくたろう【萩原朔太郎】

(1886〜1942)大正・昭和時代の詩人。前橋(まえばし市に生まれる。1917(大正6)年,第1詩集『月に(える』を刊行(かんこう病的(びょうてきなほどするどい感覚(かんかく柔軟(じゅうなんな口語を使って近代人の孤独(こどくをうたい,日本の近・現代(げんだい詩に大きな影響(えいきょうをあたえた。ほかに詩集『青猫(あおねこ』『氷島(ひょうとう』があり,『詩の原理』などのすぐれた評論(ひょうろんも書いた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP