メニュー閉じる

*はくきょい【白居易】

(772〜846)中国(とう代の詩人。わが国では白楽天(はくらくてんの名で知られている。白居易(はくきょいの詩はわかりやすく,流れるような美しい調子で,広く人々に親しまれた。感傷的(かんしょうてきな詩が多いが,社会をするどく批判(ひはんした詩もある。その詩文を集めたものが『白氏文集(はくしもんじゅう』で,なかでも「長恨歌(ちょうごんか」「琵琶行(びわこう」などの長編(ちょうへん物語詩は有名。◇わが国の平安時代,かれの詩は貴族(きぞくたちの(かせない教養(きょうようとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP