メニュー閉じる

はくけんでんき【<箔>検電器】

帯電(たいでんさせると,その(りょうによってはくの開き方がちがうことを利用(りようし,物体の帯電(たいでん状態(じょうたい,電気の種類(しゅるい,物体が導体(どうたいであるか不導体(ふどうたいであるかなどを調べる器具(きぐ。ガラスびんの中につるした金属棒(きんぞくぼうの先に,金属(きんぞくはくをつけた構造(こうぞうである。金属棒(きんぞくぼうに電気をあたえると金属(きんぞくはくが開き,開く角度によって電気(りょうが大体わかる。また,(の電気を金属棒(きんぞくぼうに近づけたとき,開いていた金属(きんぞくが,さらに大きく開けば,はくにあったもとの電気は(で,その反対にとじれば正である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP