メニュー閉じる

ハクサントリカブト

本州中部地方の日本海(がわ,多雪地帯(ちたい分布(ぶんぷする多年草。亜高山帯(あこうざんたいのダケカンバ林などに生え,8月中旬(ちゅうじゅんごろから花をさかせる。猛毒(もうどく(ふくむが,かつては「草烏頭(そうず」として漢方薬にも用いられた。最近(さいきんでは遺伝子(いでんしレベルでの研究も進められ,ミヤマトリカブトとリョウハクトリカブトの間に遺伝子(いでんし交流があり,ハクサントリカブトは両者の中間(しゅであることがわかった。高さ:(やく1m。(被子植物(ひししょくぶつ キンポウゲ(もく キンポウゲ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP