メニュー閉じる

パークス(ローザ=)

(1913〜2005)アメリカ公民権(こうみんけん運動の母。アラバマ州生まれ。1955年バスの座席(ざせきを白人にゆずらなかったために逮捕(たいほされ,有罪判決(ゆうざいはんけつを受ける。これを(に,キング牧師(ぼくし指導(しどうのもと,「バス・ボイコット運動」が始まる。1956年,合衆国連邦最高裁判所(がっしゅうこくれんぽうさいこうさいばんしょが「差別(さべつ違憲(いけん」との判決(はんけつを下し,長い間差別(さべつに苦しめられていた南部の黒人たちに,勇気(ゆうき希望(きぼうをあたえた。パークスは,キング牧師(ぼくし暗殺(あんさつされた後も,かれの意思をつぎ,公民権(こうみんけん運動を積極的(せっきょくてきにおしすすめた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP