メニュー閉じる

はくまくのかんしょう【薄膜の干渉】

透明(とうめいなうすい(まくに光があたるとき,(まくの上の面からの反射(はんしゃ光と下の面からの反射(はんしゃ光が干渉(かんしょうすること。水面上の油の(まくやシャボン玉の美しい色はこの干渉(かんしょう結果(けっか生じる。

コーチ

 (まくの上下の面からの反射(はんしゃ光の光路(が2分の1波長のとき光は弱めあって暗くなる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP