メニュー閉じる

*はこねようすい【箱根用水】

江戸(えど時代初期(しょき箱根(はこね芦ノ湖(あしのこ水源(すいげんとし,地下トンネルによって駿河(するが国(静岡(しずおか県)駿東郡(すんとうぐんの村々に引かれたかんがい用水。同郡深良(どうぐんふから村の名主大庭源之丞(おおばげんのじょうが計画し,江戸(えど浅草(あさくさの町人友野与右衛門(とものよえもん元締(もとじめ(金主)とし,箱根(はこね神社別当(べっとうらの援助(えんじょを受けて,1666年に着工,1670年に完成(かんせいした。芦ノ湖(あしのこの北西,湖尻峠(こじりとうげの東(がわのふもとから深良(ふから村にいたる。トンネルの長さ:(やく1280m。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP