メニュー閉じる

はしもとがほう【橋本雅邦】

(1835〜1908)明治(めいじ時代の日本画家。江戸(えど東京(とうきょう都)に生まれる。狩野雅信(かのうただのぶ師事(しじ狩野派(かのうは伝統(でんとうをふまえつつ新しい様式を切りひらき,日本画の革新(かくしんとたてなおしにつとめた。フェノロサにみとめられ,岡倉天心(おかくらてんしんらと東京美術(とうきょうびじゅつ学校(今の東京芸術(とうきょうげいじゅつ大学)の創立(そうりつにつくし,横山大観(よこやまたいかん菱田春草(ひしだしゅんそうなどの弟子を育てるとともに,日本美術院(びじゅついんをつくって明治(めいじ画壇(がだんに大きな影響(えいきょうをおよぼした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP