メニュー閉じる

はしれメロス【走れメロス】

太宰治(だざいおさむ短編小説(たんぺんしょうせつ。1940(昭和(しょうわ15)年発表。牧人(ぼくじんメロスと親友のセリヌンティウスの友情(ゆうじょうをテーマにしている。友情(ゆうじょうの美しさと(とうとさとを簡潔(かんけつで力強く,躍動(やくどう感あふれる文章でつづった,太宰(だざい文学の中期の代表作。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP