メニュー閉じる

*パスカルのげんり【パスカルの原理】

とじこめられた流体の一部に圧力(あつりょくをくわえると,その圧力(あつりょく増加(ぞうか分は同じ強さで流体のすべての方向につたわる。これをパスカルの原理という。圧力伝達(あつりょくでんたつ法則(ほうそくともよばれる。1653年,フランスの物理学者・数学者パスカル(1623〜1662)によって発見された。

コーチ

 この原理は,水圧器(すいあつき油圧器(ゆあつきなどに用いられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP